「ご当地スィーツ」昔ながらのヘルシースイーツ ~ 和歌山県 編 ~

和歌山県は関西地方に属し、紀伊半島に位置します。

和歌山市には、和歌山城があります。現在の城は江戸時代の姿を復元した建造物で、

丘の上の城跡は公園として整備され、城の上からは市内を一望できます。

美しい海を楽しめる白浜、世界遺産の熊野古道、日本最古の温泉郷など、見所が満載の県です。 

有田みかんは、生産地である果樹王国紀州和歌山を代表するブランドです。

有田みかんばぅむクーヘン

有田みかんばぅむクーヘン(Mサイズ)

「有田みかん」をふんだんに使用したバウムクーヘンです。

有田みかんの果汁とすりおろした果皮、みかんハチミツを入れることによって、みかんの甘みと爽やかな風味が口の中に広がります。

バウムクーヘン専門店「Mahalo」のこだわりは、マイスターが幾度となく試行錯誤を重ねて厳選し、独自にブレンドした粉です。

口に入れた瞬間、ふわふわと柔らかく、しっとりとした食感を実現。今までのバウムクーヘンの常識を覆す「生バウム」の美味しさを存分に実感していただけます。

食べ方は3種類あり、常温ではしっとりとした味わいに。レンジで約20秒温めると、焼きたての美味しさに。オーブントースターで約2分焼くと、表面はカリッ、中はふわっとした食感をお楽しみいただけます。

みかんの生産量日本一である和歌山県ならではのスイーツです。

金の本ノ字饅頭

「金の本ノ字饅頭」の画像検索結果

こしあんを生地で包み込んだおまんじゅうです。

「総本家駿河屋」は、室町年間に創業し、550年以上の歴史を誇る老舗和菓子店です。

「本ノ字饅頭」は、「本」の字が焼き印された酒饅頭で、江戸時代に参勤交代で携行されていたと言われる歴史深いお菓子。

本ノ字饅頭では、麹ともち米を混ぜて発酵させた皮で包んでありますが、

金の本ノ字饅頭では、日持ちするように皮ではなくこしあんに酒粕をブレンドしてあります。

甘味も風味もバランスがよく、ちょうどよいサイズ感なので、食べすぎてしまう美味しさです。

和歌山の老舗酒造「平和酒造」の紀土の酒粕を、自家製のこし餡に加えた一品です。

風味豊かな味わいの餡と、もっちりとした皮が絶妙なバランスで、和歌山県が選出するプレミア和歌山にも認定されています。

かげろう

「福菱(ふくびし)」の画像検索結果

卵黄をたっぷりと練り込んでふわふわに焼き上げたブッセ。

やさしい甘さのバタークリームをサンドしてあります。

「福菱(ふくびし)」は、創業80年余りの老舗菓子店。創業以来、地元で愛され続けている紀州銘菓です。

“赤ちゃんでも食べられるお菓子を”という思いから、かげろうが生まれました。

一番の特徴は口の中でほろりと溶けてなくなる、繊細な食感。楕円の形状にも南紀白浜の日の光に立ち上る “陽炎”がイメージされています。

独自の技法と、ほかにはない食感でこれまでに数々の賞を受賞されています。

鈴焼

「鈴焼」の画像検索結果

可愛らしい鈴をかたどった鈴カステラ。

「香梅堂」は明治元年に創業し、煎餅やどら焼きなどさまざまな和菓子を販売している人気の老舗です。

老若男女を問わず幅広いお客様に親しまれている味はふわふわで柔らかく、しっとりとした優しい甘みが特徴です。

ほんのりとした上品な甘さがかつての城下町の老舗の和菓子の味です。

塩羊羹

塩が甘さを引き立てる羊羹です。

和歌山産品と厳選素材の小豆を使用し、職人が毎日手作りします。

和歌山県串本町の羊羹屋です。 毎朝、小豆を炊いて完成させるまでに店主自ら1人でおこないます。 基本素材は、小豆、寒天、砂糖のみ。 柚子、塩、桜、抹茶は地元の素材を使用しています。 

昔ながらの製法で、塩を加えた羊羹を型に流し、7日間かけて表面を十分に乾かしてから、竹皮に包みます。

表面はサクサク中身はしっとりと一度に二つの異なった食感が楽しめます。

塩を加えることで、砂糖の分量を少なく、ヘルシーな羊羹です。

田村みかんゼリー

「田村みかんゼリー」の画像検索結果

有田みかんの中で最も美味しい蜜柑とされる「田村みかん」をまるごとゼリーに閉じ込めてあります。

贅沢にも1個そのままの形でゼリーに入れた一品。

糖度と酸味のバランスが絶妙で、いわゆるコクが特徴田村みかんを使用しています。

やわらかな弾力の果肉は驚くほどジューシーで豊かな甘みが口いっぱいに広がります。

みかんが3つも入っていることに驚かれ、美味しさにリピートする人が多いようです。

デラックスケーキ

「和歌山県 鈴屋 デラックスケーキ」の画像検索結果

白いんげん豆のジャムをカステラでサンドし、ホワイトチョコレートでコーティングしてあるケーキです。

「鈴屋」は、大正13年に創業しました。

お店のこだわりは、原材料に保存料を一切使用せず、地域の名産物である梅、みかん、柚子などを使用されています。

甘いホワイトチョコレートとカステラにジャムが入っていて、しっとり甘さがギュッと詰まっています。冷やして食べると更に美味しいとのことです。

まとめ

和歌山県のスイーツはどれもヘルシーさが感じました。

見た目も鮮やかなものも多く、お土産や贈り物に喜ばれそうです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする