「ご当地スィーツ」いくつでも食べられるスイーツ ~ 鳥取県 編 ~

鳥取県は本州南部に位置し、日本海に面しています。

日本最大の砂丘、鳥取砂丘をはじめ三仏寺や浦富海岸など観光スポットが豊富。

中部エリアには東郷温泉や羽合温泉をはじめとする温泉も数多く、西武エリアには大山スキー場や桝水高原スキー場などレジャー施設も多い。

日本海で育った海の幸を中心に美味しいグルメの宝庫としても知られています。

ふろしきまんじゅう

ふろしきまんじゅう

 鳥取県名物として愛されるまんじゅう。

「山本おたふく堂」は、明治元年創業の老舗和菓子店。

 最上級の阿波和三盆糖と沖縄産の黒糖など、こだわりの素材を使用しています。

保存料・着色料・香料などは一切使用せず、創業当時の伝統の製法が現在でも守られています。

こしあんの程よい甘さでが皮とのバランスもよく、人気のおまんじゅうです。

打吹公園だんご

「打吹公園だんご 鳥取」の画像検索結果

 白餡、小豆餡、抹茶餡の三種の餡で包まれた餅を串に刺したお団子。

「石谷精華堂」は、創業約140年の老舗和菓子店。看板商品の「打吹公園だんご」は、倉吉の名物として知られています。

地元産のもち米に蜜を入れて、およそ8時間かけて練り・蒸すを繰り返して出来たお餅を使用。白あん・小豆あん・抹茶あんの3種類の自家製あんでお餅を包み込んでいます。

それぞれの素材が生かされており、上品なお味です。

小粒のさくらんぼほどの大きさで、その倍くらいが餡が入っています。
小さくてやわらかいので、食べやすいお団子です。

ちゅるんと濃厚な梨ゼリー

「ちゅるんと濃厚な梨ゼリー」の画像検索結果

1パックのゼリーに鳥取県産二十世紀梨を1.5玉分贅沢に使用した「濃厚な梨ゼリー」。

二十世紀本来のみずみずしい果汁・軽やかな甘み・味を引き締める酸味・さっぱりと切れの良い味によって、濃縮なのに後味すっきりの濃厚ゼリーに仕上げてあります。
無香料、無着色で、ひとつひとつ手作業で作られています。

そのまま冷やしてゼリーで食べても凍らせてシャーベットで食べてもよし。

パンやヨーグルトなどにも相性が合いそうです。

因幡(いなば)の白うさぎ

「因幡(いなば)の白うさぎ」の画像検索結果

因幡の白うさぎとは、兎の形をしたミルク饅頭です。

日本神話に登場する白ウサギにちなんだ山陰銘菓で、鳥取土産の定番品。

まろやかな味わいの黄身餡を鳥取県産の大山バターをたっぷり使用した生地で包みこんでいます。

口の中にミルクの香りがほわ~っと広がり、滑らかで優しい味がします。

しっとりなめらかな食感があり、口どけがいいお饅頭です。

梨ケーキ

鳥取 梨ケーキ

鳥取県を代表する名産品の梨の果汁が入っているケーキです。

「宝製菓」は伝統的なお菓子やをその時代に合った、新しい素材・加工を取り入れ、常に新鮮なお菓子づくりをされています。

『二十世紀梨』の果汁を生地に練り込み、カスタード風のクリームを入れて、なめらか口どけに仕上げました。

梨の果肉がトッピングされており、ふっくらと蒸し上げたケーキの中に、特製のカスタード風クリームが入っています。 食べた瞬間に梨の風味が広がります。

どら焼き

「丸京 どら焼き」の画像検索結果

北海道産の小豆にこだわり、しっとりとした美味しいどら焼きは全国的にも知られています。

一日40万個のお菓子を生産するという米子のお菓子メーカー「丸京」が製造販売する人気のどらやきです。 世界一の生産個数を誇っています。

程よいあんと生地もしっとり、ふんわりした食感になっています。

スーパーでもよく見かけることがあり、ついつい手をのばしてしまうほど親しみあるどら焼きです。

種類も豊富で期間限定のものもあるらしいですね。

白ウサギフィナンシェ

白ウサギフィナンシェ

こだわりの素材、大山バターのコクとアーモンドプードルの風味が口の中にふわっと広がるフィナンシェ。
外はさっくり中はしっとりと焼き上げた本格派の焼き菓子です。

銘菓「因幡の白うさぎ」が誕生してから40年になるのを記念して作られました。

ウサギの形は同じですが、こちらはフランス風の焼き菓子で仕上げてあります。

外側はサクッと、内側はフィナンシェ特有のしっとり、ふんわりした口当りです。

モンドセレクションで金賞を9年連続受賞されているお菓子です。

まとめ

鳥取県のスイーツは試行を凝らしたお菓子が目立ちました。

美味しさと小ぶりなカタチがついつい一度にいくつも食べれそうの思えるスイーツでした。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする