【シンガポール】暑い異国で食べたいスィーツ

旅行での楽しみ「食」。

現地発のスィーツもかかせません。

日本進出しているものから未進出まで・・・

味の想像できそうですが、やっぱり現地で食べる醍醐味は違います。

The Tiramisu Hero(ティラミスヒーロー)

2013年にオープンしたシンガポール発のティラミス専門店。

日本では数ヶ月待ちのオンライン注文か、期間限定の出店先でしか購入できない人気店「ティラミスヒーロー」のティラミスは、シンガポールの本店であれば、並ぶことなく購入できます。

お店は、MRTラベンダー駅最寄りのちょっと不便な場所にありますが、カフェも併設されているのでコーヒーと共に噂のティラミスをじっくり味わうことができますよ。

フレーバーはオリジナルの他、ストロベリーや抹茶、オレオやカヤ等10種類程あります。

ティラミスヒーロー 
リトルインディア / カフェ・喫茶店
 住所:121 Tyrwhitt Road, Singapore 207548
 電話:6292-5271
 Web:http://thetiramisuhero.com

味香園甜品(メイ・ヒョン・ユェン・デザート)

シンガポールへ来たら絶対訪れて欲しいのがこの味香園甜品。ふわふわなめらかな食感のカキ氷「スノーアイス」は是非とも試したい一品。一番人気のマンゴーはじめ、抹茶や杏仁豆腐等約50種類の味から選べます。

そしてスノーアイスの他にもう一品マストオーダーしたいのが「マンゴーwithポメロサゴ」。マンゴーペーストの中に甘いマンゴーがゴロゴロ入り、更にポメロという柑橘系のさっぱりしたフルーツが入った冷たいスイーツ。

常夏の国では、やはり冷たいスイーツが欠かせません!
お店は、チャイナタウン本店の他、チャイナタウン・ポイントアイオン・オーチャードにも店舗があります。

味香園甜品・チャイナタウン店 
チャイナタウン / スイーツ
 住所:63-67 Temple Street, Singapore
 電話:6221-1156
 Web:http://www.meiheongyuendessert.com.sg/

 Geratissimo(ジェラティッシモ)

ジェラティッシモは、シンガポールで「一番美味しいジェラート」として選ばれたこともある人気店。暑い国ではこってりしたアイスクリームよりも、さっぱりと食べられるジェラートが人気のようです。

随時30種類以上あるショーケースに色鮮やかに並んだフレーバー。

どれも目移りしますが、何種類でも味見させてもらえるので安心です。

サッパリがお好みなら、マンゴー、ライム、レモン等、濃厚なものがお好みならピスタチオやティラミス、チョコレート系をどうぞ♪

ジェラティッシモ 
マリーナ / スイーツ
 住所:1F Singapore Flyer, 30 Raffles Ave, Singapore
 電話:6337-6183
 Web:http://gelatissimo.com.au/find-us/

ティンギ ペラマカン(Tingkat Peramakan)

その色とりどりの見かけに思わず顔がほころぶ「プランカンお菓子」は、マレーシアから伝わる伝統的なお菓子。「Tingkat Peramakan」はお店もレトロでかわいい、お店です。

おすすめは、カラフルなお餅を重ねたお菓子「Lapis Sagu(ラピス・サグ)」(SGD2.5/250円/1個)。「ういろう」に似たお味で意外にあっさりしています。

米粉と黒糖を茹でてココナッツをまぶした「Onde Onde(オンデ・オンデ)」はとってももっちもち!

屋台スィーツ食パンアイス

アイスクリームのフレーバーはチョコ、ストロベリー、チョコミントのような定番から、
マンゴー、ドリアン(!)、ヤム芋(!!)、とうもろこし(!!!)といったシンガポール感満点の味から選べます。

フレーバーが決まったら、”○○(フレーバー) with bread!”とおっちゃん/おばちゃんに声を張り上げて。
すると箱に入った巨大なアイスクリームの塊を包丁で四角く切り分けて、マーブル色の薄い食パンで挟んで渡してくれます。

食パン自体はほんのり甘くて柔らかく、これが溶けたアイスをうまく吸収する役割を果たしてくれる。
暑いシンガポールではアイスが溶けるのも一瞬。薄いウエハースだけでアイスを挟んだら、溶けたアイスが垂れてきそうで落ち着かない。食パンのおかげで、最後の一口まで安心して食べられる。

お値段はなんと1ドル!

暑い国だけに、冷たいスィーツが多いです。

見ているだけで口の中が甘くなりますね(笑)

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする