「ご当地ご当地スィーツ」甘さが程よいスイーツ ~ 島根県 編 ~

島根県は本州西部の日本海沿岸部にあり、山がちで人口の少ない県です。

松江城からは丘の上からの景色を望むことができます。出雲市にある出雲大社は、日本最古級の神社で、その本殿の建築様式は珍しい大社造になっています。

地元で親しまれる郷土の味をはじめ、料理人・職人の手でさらに追求を続けられる島根の食やバラエティーに富んだ島根の多彩なグルメがあります。

源氏巻

こしあんをカステラ生地で巻いてあるお菓子です。

津和野の名物・源氏巻は津和野のお菓子屋さんに必ずと言って良いほど置いてある津和野の伝統的なお菓子です。

こちら元祖源氏巻総本店は創業100年以上の歴史をもつ老舗です。

餡をきつね色に焼いたカステラのような薄い生地に包んだ長方形の菓子であり、茶菓子として使われています。

餡は伝統的に小豆を煮詰めた豆沙餡であり、近年は抹茶風味の餡などもあります。

外の生地が少し固めですが、甘ったるくなく、中の餡子はしっとりとしています。

食べやすい大きさにカットしてお召し上がりください。

どじょう掬(すく)いまんじゅう

「どじょう掬(すく)いまんじゅう」の画像検索結果

島根の民謡「安来節」に合わせて踊る「どじょうすくい踊り」で用いる、ひょっとこのお面をかたどったお饅頭。愛くるしいキュートな表情がたまらないお饅頭で、山陰のお土産として大人気の商品です。

昔ながらの上品な味、しっとり白あんの入ったおまんじゅうです。

ニューヨーク・台湾でも販売されています。

定番の白あん以外にも新たに抹茶あん、苺あん、梨あん、チョコレートあんと種類が増えたそうです。

噂の生どら

「うわさの生どら」の画像検索結果

皮にこだわり、ふんわり柔らかく焼き上げてあるどら焼きです。

また生クリームと自家製つぶ餡を混ぜた特製小倉クリームをサンド。

生どらの皮(生地)は和菓子というよりも洋菓子のスポンジに近い食感で、サンドする中身も和菓子の餡と洋菓子のクリームを混ぜ合わせた、まさに和洋折衷のお菓子とのこと。
甘さ控えめの中身と皮(生地)のバランスが絶妙で、1個ペロリと食べられるそうです。

定番6種類と季節限定2種類があるようです。

ふわふわの皮が特徴のどら焼きですので、中が若干ひんやりして、皮が完全に解凍された状態が最も食べごろです。冷凍庫から出して30~60分が目安(季節によって異なります)

抹茶フォンデュ

「抹茶フォンデュ 島根」の画像検索結果

抹茶クリームとマスカルポーネチーズ、クリームブリュレの2層のタルトケーキです。

味覚、風味、品質、総合評価によって世界に認められた名誉あるスイーツ!!

抹茶の苦みと濃厚でなめらかなブリュレ生地、二層のクリームを絶妙なバランスで構成したカノザの代表的なスイーツです。
さくっとしたタルトに、とろりとしたブリュレと抹茶クリームの食感、抹茶の香りが楽しめます。

高級感と贅沢感があるスイーツです。

しじみマドレーヌ

「しじみマドレーヌ」の画像検索結果

玉造り温泉のご当地スイーツとして注目されている「しじみマドレーヌ」です。

その名の通り、島根の名産品のしじみをかたどったマドレーヌで、「プレーン」と「リアル」の2種類があります。

ご当地スイーツや焼き菓子が人気の「ケーキハウス アガート」でつくられています。

味や香りに支障(生臭さ)がないギリギリの量のしじみエキスが入っており、じっくり食べるとわかる人もいるようです。

黒色の「リアル」は、もっとしじみ感を出したいとのことで竹炭パウダーが使われており、もちろんプレーン同様、しじみエキスも入っています。

奥出雲の山蜜プリン

「奥出雲の山蜜プリン」の画像検索結果

奥出雲の山蜜プリンは、濃厚でトロトロした甘いプリンです。

美味しさだけでなく、牛乳瓶の容器が可愛いと人気です。

松江の洋菓子店「クロード」では、素材にこだわり. 地元の素材、旬の素材でつくられています。

なかでも奥出雲の山蜜を使用したロール、プリンは全国誌に取り上げられるほどです。

口当たりはクリーミーで柔らかく、甘いけれどしつこい甘さではありません。
自然の風味が生きた味わいとなっています。

出雲ぜんざい

「出雲ぜんざい 老舗」の画像検索結果

「出雲ぜんざい」は大粒の小豆に塩味を効かせて、 甘さと塩気の両方を味わえること、 そして、汁が多いことが特徴です。

出雲は「ぜんざい」発祥の地と言われています。

出雲大社には、旧暦10月に全国八百万の神々が集まることより、10月のことを神無月ではなく神在月と呼びます。神在月のお祭りでふるまわれた神在餅(じんざいもち)が方言で変化して、「ぜんざい」になったようです。

「日本ぜんざい学会 壱号店」は、ぜんざいの有名店で繁忙期には行列がつくほどの人気店です。

お味は、甘さも程よく風味があり、お取り寄せもリピートする人が続出中です。

まとめ

島根県のスイーツは見た目から充分な甘さが感じられるスイーツが目立ちました。

口コミを読んでみると、さほど甘さの強みはないとのことでした。

美しさ、可愛さ、ユニークさが美味しさと重ねあうスイーツは食べた人の記憶に残るように思えます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする