一人暮らし 毎月かかる生活費と節約法

一人暮らしを始めると、毎月決まった生活費がかかります。
学生の親からの仕送りは月平均10万円前後、
新社会人については初任給が平均20万円前後というところです。

何も考えずに生活していくと、数か月でマイナスになる可能性もあります。
学生はアルバイトをして足りない分を補うこともできますが、本業は学業。
学業もおろそかにすることもできません。

社会人であれば、手取り支給額も毎月の控除額のよって変わってもきますし
社会人になったからには将来のために貯蓄も考えるようになります。
新たに加わる社会人の出費としては「冠婚葬祭」の出費もあります。

学生は親からの仕送り、新社会人は突発に発生する出費、と
どちらもお金について「シビア」にならずにはいられません。

となれば、個々の節約も必要になってきます。

○毎月の平均生活費

多少の違いはありますが
・家  賃      約75,000円
・食  費      約27,000円
・水道光熱費     約 8,000円
・趣味娯楽費     約13,000円
・デート代・飲み会代 約19,000円
・スマホ・通信費 約10,000円
・日用消耗品など   約 6,000円
計158,000円  となります。
この内訳でわかるように、家賃以外はいくらでも節約はできます。

○自炊をして減らせる食費

今まで親元で自炊をしたことがない人もこの一人暮らしをする機会に自炊をしてみませんか?外食は家で作って食べる食費の3倍なのです。
逆に言うと外で食べる安価なものは経費が3分の1しかかかっていないことになります。
そう思うと食材は何を使っているのかわかりませんね(笑)
食材も一人分だと・・・とためらいますが、全部使って冷蔵・冷凍保存をすると数日持ちますよ。ひと工夫も慣れてくれば楽しくなります。
ご飯も炊くときは多めに炊くほうが美味しく、節電にもなります。
ラップに包み冷凍保存も定番ですね。
食材もコンビニよりも断然、スーパーで。
かなり値段が違います。
ペットボトルでもスーパーはコンビニの半額ですよ。

○光熱費

電気・ガス・水道 代が光熱費になります。

物件によっては定額の金額であったり、家賃に込まれているところもあります。
それであればふんだんに使い放題もいいとは思いますが、
毎月使用した金額を支払うとなれば、少しでも少ないほうがいいですね。
使わない電気や見ていないTVをコマメに消すことから始められてもよいと思います。
他にもお風呂で使ったお湯を洗濯に回したり、節約法は色々ありますね。
電力会社のプランには生活スタイルによってプランを設けてあるところもありますので
そのようなプランも節約の一つです。

○ネット環境

物件によっては家賃の中に入っている所も多くなりました。そんなところを探しても良いのではないでしょうか。

一人暮らしを始めると今まで知らなかった費用が発生し、驚きます。
親の有難味を感じることもあります。
知らない事も知ることにより自身の財産となるでしょうね。
わからないことや知りたいことを周囲に聞くことで解決します。
より良いライフスタイルを目指しましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする