「ご当地スィーツ」ボリュームたっぷりスイーツ ~ 佐賀県 編 ~

佐賀県は九州の北西部にあり、県の北西部にある有田町、伊万里市、唐津市で作られる伝統的な陶磁器で知られています。

日本三大松原の一つに選定され、国の名勝にも指定されている虹の松原があり、壮観な松林を目の当たりにすることができます。

「佐賀牛」や「呼子のいかしゅうまい」「有明海苔」「ゆず胡椒」「嬉野茶」などの佐賀名物から、老舗の銘菓や人気スイーツまで、バラエティ豊かなグルメが楽しめます。

さが錦

柔らかい生地をふんわりと焼き上げ、バウムクーヘンで挟んであるお菓子です。

「さが錦」は定番の佐賀県銘菓として佐賀県民に親しまれています。

小麦粉、山芋、卵、砂糖、小豆餡を原料にした浮島生地の上下を、チョコレートをつなぎにバームクーヘンでサンドしてあります。

ほんのりとラム酒の香りがする生地は少し大人の味で、和洋のお菓子が楽しめるオシャレな一品です。

白玉まんじゅう

モチモチとした食感が何とも言えない、白玉饅頭。

創業明治15年より受け継がれてきたこだわりの製法と味。

米粉を使った饅頭で、中には甘さ控えめの餡が入っています。

つるんとなめらかで、もちもちの食感が人気の秘密。夏場は冷水で冷やしたり、かき氷にのせて食べるのもおすすめです。

呼子夢甘夏ゼリー

甘夏の産地・呼子加部島の甘夏で作るゼリー。

甘夏の皮を器にした、甘夏農家が作った爽やかなゼリーです。

甘夏独特のほろ苦さとすっきりとした甘さが味わえます。

器にした皮の色が緑から黄色と時期によって変わるのも本物の甘夏ならではのもの。

「甘夏の味そのままで、さわやかさとかすかな苦みが美味しい」「誰にあげても喜ばれる」などのクチコミが多い人気のゼリー。

香料や保存料などの添加物は一切使っていません。

小城羊羹

羊羹の消費量日本一の佐賀県。
小豆のほのかな香りと多彩な味わいを誇る伝統の「小城羊羹(ようかん)」は、空気に触れて表面の糖分が固まり、シャリシャリとした食感に特徴があります。
明治32年創業の小城羊羹(おぎようかん)の老舗。
「昔ながらの小城羊羹」は流し箱に入れた羊羹を一昼夜寝かしてから切り分けることで、表面は砂糖がかたまりしゃりっと、中はしっとりの独特の食感になります。

大原松露饅頭

上品なこし餡を薄いカステラ生地で包んだ優しい味の「大原松露饅頭」。

大原老舗は、嘉永3年(1850)創業の老舗和菓子店。「松露饅頭」は江戸時代から伝わる唐津を代表する銘菓で、こし餡をカステラ生地で包んだまん丸の可愛いお饅頭です。

手焼きならではのあたたかな風情や、羊羹にも似た食感、あっさりと控えめな甘さのまろやかな味わいで人気です。

人妻プリン

お寿司屋さんの茶碗蒸しの技から生まれたプリンです。

口に含んだときのトロリとした舌ざわりは絶妙とのこと。

少し期待をもたせるような面白さがあるネーミング。

プリンの開発にかかわった奥様の名前をプリンの名前にしたのも店主のアイデアです。

真由美のカスタード、真由美のラムレーズン、能美のきな粉、いづみのデカフェ、陽子のクレメンティンといった6つの味が楽しめます。

佐賀の牛乳と卵を使っていて卵本来の濃厚な味わいと柔らかな口当たりがクセになります。

とら焼き宗歓(そうかん)

生地の部分が虎の縞模様で、中には桜色の餡が入っているどら焼きです。

明治32年創業の老舗和菓子店「村岡総本舗は」で作られています。

虎の縞模様のどら焼き皮の中に、北海道産の白いんげん豆を散りばめた紅餡をはさんでいます。

しっとりした生地に上品な甘さの餡のバランスで、あっさりとした美味しさ。

ボリューム感があります。

まとめ

佐賀県のスイーツは見た目よりボリューム感たっぷりのスイーツでした。

和か洋かと少し迷うスイーツはお店それぞれの個性がありました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする