【ウェディング】衣装選びと写真撮影

衣装選びは結婚式・披露宴の主役として重要なことであり、お二人の楽しみでもあります。

幸せをさらに輝かせるために、衣装の着こなしは大切です。

結婚式場やレンタルドレスショップでのドレスの試着の際は、ポイントをおさえて、

自分にぴったりのドレスを選びたいものです。

ぴったりのドレスを探すには、ドレスへのあこがれやイメージだけでなく、自分の姿を客観的に見ることも必要です。

また、ショップのコーディネーターのプロから見たアドバイスもとても重要です。

そのためには、試着ドレス姿を写真に撮り、きちんと比較しながら選びましょう。




花嫁の衣装選び

デジカメを忘れずに持参しましょう。

下見に行く際の同伴者は新郎や自分の両親と行くパターンが多いようです。

一人で行くには心細く、両家総出で行くには・・・

花嫁の着付け時間も長い時間を要します。

気を使わずにいける人といくことが理想だと思います。

衣装選びへ行くときの服装は手間取らないためにも、ワンピースなどの着替えをしやすい服装で、下着をきちんと身につけていくことをおすすめします。

ブライダルインナーを持参するとカラダのラインもキレイにわかる

                      (経験者のコメントより)

ドレスの試着の際はショップの方が着脱をしてくれるため、事前のムダ毛処理等恥ずかしくないよう、心掛けておきましょう。




試着時にドレスに合わせて靴のヒールの高さを決めるため、ストッキングは必ず用意したほうがよいでしょう。

挙式当日に付けたいアクセサリーや小物がある場合は、ぜひ持参しましょう。

ウェディングドレスは裾が長く、普段のおしゃれ着よりもウエストの切り替えの位置が高いデザインが多いので、試着した際に違和感があります。

ウエストばかりを見てしまうと全体像がわからなくなってしまうので、全身のバランスを確認するようにしましょう。

新郎の衣装を決めるタイミング

花嫁の衣装が決まったタイミングで新郎の衣装合わせをします。花嫁の衣装に合わせていくので、決まるタイミングで予約を入れましょう。

多くの場合、新郎衣装は1回の試着で決定します。1回で決めきれない場合は後日再試着ををすることもあります。

無事に衣装が決定したら、結婚式当日までにサイズ合わせを行います。

衣装合わせの際には、どんな服装でもOKです。

試着用の立ち襟シャツなど、衣装室に用意してあることが多いですが、念のためスタッフに確認しておくと安心です。

和装の場合も服の上から試着することが多いので、Tシャツなどを着ておくのがお勧めです。

靴も試着する事が多いので靴下を持っていきましょう。

衣装のパンツを直接履くのが気になる場合はステテコやスパッツなどを持参するのもよいでしょう。

記念写真の前撮り

結婚式当日とは別の日に和装やウエディングドレス姿で記念写真を撮影すること。

『別撮り』ともいいます。

当日は写真を撮れる時間があまりなかったり、招待者との写真撮影で慌ただしく、二人の表情も揃わぬこともあるようです。

事前に結婚記念撮影として衣装や表情をしっかり整えて撮影できるのが前撮りの魅力です。 美しいロケーションでの撮影や、スタジオでポージングをとりながら結婚の記念にふさわしい写真を残すことができます。

また、ヘアメイクリハーサルや衣装合わせを兼ねて前撮りを行うこともできるので、当日のイメージや予行練習にもなります。

ロケーション撮影やスタジオ撮影など撮影する場所やカット数、着る衣装の枚数などで価格が決められています。

結婚式会場によってはスナップ撮影やアルバムなどとセットになったプランもあります。

写真スタジオなどに依頼した場合では、撮影する場所や着る衣装、アルバムにするのかデータ納品だけにするのかによっても大きく価格も変わります。

価格表やプランが設定されているので、事前にしっかりチェックしましょう。




スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする