【フランス】パリクリスマスは 街は静かな夜で

パリのクリスマスはどんなものなのでしょう。
一見、華やかさやイルミネーションなどで温かさを感じますが、
家族で教会へ行くなど、静かで厳粛なようですね。

パリのクリスマス

パリのような大都市ではすでに多種多様な民族が住んでいるとはいえ、24日のクリスマスイブの夜は、家族と一緒に夕食を取り、一緒に過ごすというのがパターンです。
そして深夜のクリスマス・ミサに出掛けます。

普段教会に行かない人達も、この日は特別にミサに行くこともあるようです。
地方からパリに出てきて住んでいる人は実家の親もとで過ごすのが大半。
この季節のパリはいつもより人が少ないのです。

どんなものを食べるの?

この時期にスーパーで巨大な売り場を展開するのが、フォアグラとチョコレート。
フランス人にとってはクリスマスのマストアイテムのようです。チョコレートはクリスマス仕様のパッケージになり、家族用サイズの大きな箱で売られています。
フランス人にとってもフォアグラはやっぱり高級食材です。


普段から食べるものではないので、このときばかりは特別な贅沢として奮発するのです。
他には牡蠣やホタテなどのシーフードも売り場を拡げます。
そしてメインといえば七面鳥。
沢山レシピがあって、各家庭それぞれの味があります。
七面鳥ではなく鶏肉を使うこともありますが、中でもシャポンという種類の鶏は、クリスマスの食材としてとても人気です。

クリスマスイルミネーション

12月に入るとパリ中のあちらこちらで見かけるようになるのが、マルシェ・ド・ノエル=クリスマス市です。
一番有名なのはシャンゼリゼ通りのマルシェでしょう。
凱旋門からコンコルド広場まで、並木を彩るイルミネーション、そして道の両側にずらりと並んだお店。

ここを歩くだけでも、たっぷりクリスマス気分が味わえますね。

マルシェ・ド・ノエルの楽しみは、ショッピングばかりでなく、様々な食べ物、飲み物の屋台もあります。

ギャラリー・ラファイエットのイルミネーション

クリスマス前なら、何といっても街歩きやウィンドウショッピングでしょう。中でもギャラリー・ラファイエットやプランタンのデコレーションは一見の価値あり。
街角の花屋やスーパーの店頭で売られているもみの木(サパン・ド・ノエル)も気分が出ます。
クリスマス当日ですが、24日から26日にかけては、早くに閉店したり休みになるお店がほとんどです。特に25日は街中がしんと静まり返ってしまいます。日本のような華やかさは期待できません。

レストランなどもにチェックして予約されることをお勧めします。お店によってはクリスマスメニューも用意しているところもありますが、お値段もいつもより割高でしょう。
24日のクリスマスミサに行ってみるのもいいかも知れませんが、深夜になるので防犯には気をつけましょう。

クリスマス直前になるとパリ市庁舎のアイススケートリンクがオープンします。靴の貸し出しは5ユーロで、入場は無料。夜10時までオープンしています。

フランスのクリスマスはイベントというより宗教行事なので、日本とは一味違う厳粛なムードが味わえることでしょう。
クリスマス当日はやはり街自体が静かなので、ショッピング優先でパリを旅行したいという人には、11月終わりごろから12月上旬に色んなお店で特別セールをしている時期か、年明けの普段のパリに戻り、セールが始まる時期にショッピングなどの方が満喫できるのではと思います。

パリの人よりも観光客の方が増える時期で、特に年末は治安も悪くなるので、防犯対策をしっかりとしておくことですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする