【フランス】北部と南部で違う観光ベストシーズン

フランス旅行を計画するときにはベストシーズンを考えます。

少しでも観光に適した時期に行きたいものですが、場所によって多少の気候の違いはあるそうです。

そして、「美しい街並み」のイメージだけではないようですね。

フランスパリまでは

日本からフランス パリへは、成田・羽田国際空港からシャルル・ド・ゴール国際空港へ直行便が運行しています。
フライト時間は、東京発の直行便で約12時間30分、復路のパリ発は約11時間30分~12時間程度です。

空港からパリ市内へのアクセスは、タクシーやバス、電車が利用できます。RER(パリ高速鉄道)と呼ばれる電車での移動は、交通渋滞に巻き込まれず便利です。

時差

フランス パリと日本の時差は8時間です。パリのほうが遅く進んでおり、日本の昼12時はパリの早朝4時にあたります。パリは3月末~10月末までサマータイム期間に入り、時差は7時間となります。

フランスの観光都市は

○アルザス・ロレーヌ・シャンパーニュ地方

○ピカルディー・ノール地方

○ノルマンディー地方

○ロワール地方

○ブルターニュ地方

○イル・ド・フランス地方

○パリ

○大西洋岸地方

○ミディー・ピレネー、ラングドック・ルシヨン、ケルシー、ペリゴール地方

○オーヴェルニュ・リムーザン地方

○ローヌ・アルプ地方

○ブルゴーニュ地方

○フランシュ・コンテ地方

○コート・ダジュール、プロヴァンス地方

○コルシカ島

気候

1 年のうちパリにおける温暖気候での活動に適した時期は、6月中旬から9月中旬まで。

日本と同じように四季がありますが、季節によって特徴は違います。

東京と比べると、一年を通してパリのほうが気温は低めですが、空気が乾燥しているため、体感温度はもっと低く感じる時もあるでしょう。

夏は短く、冬は長いのが特徴です。
一年で一番暑い8月になれば30℃を軽々超える猛暑日もありますが、空気が乾燥しているためとても過ごしやすい夏と言えるでしょう。
秋・冬はどんよりした日が多く、北海道のように氷点下まで気温が下がることはあまりありませんが、1月2月になると雪が降る日もあります。

どの時期であっても折り畳み傘などの雨対策グッズを持参しておと、いざという時大変便利です。
フランスの気候
フランスは北部の海洋性気候と南部の地中海性気候とに分かれますが、どちらも夏は湿気が少なくカラッとしていて過ごしやすく、冬に比較的雨が降る気候です。
・春 3~5月は
北部の平均気温は9~15度で、日本の東京より少し肌寒い。
南部…北部に比べて2~3度高く、平均気温は11~18度と東京と同じような気候です。

春のフランスは日本とよく似た気候。朝晩は冷え込みます。
・夏 6~8月
北部の夏は平均気温が約20度となり、最高気温が30度を超える日もあります。
南部の気温は20~23度で、バカンスにぴったりな晴天の日が続 きます。陽ざしはかなり強く、気温以上に暑く感じるでしょう。

フランスの夏はカラッとして過ごしやすく、夜も22時ぐらいまで明るい日が続きます。湿度が低いため朝晩は涼しくなります。

・秋 9~11月
北部の平均気温は7~16度で、春と似たような気温ですが、曇り の日が多くなり肌寒く感じます。
・南部は平均気温は10~19度で、日中は夏よりもビーチやテラスで過ごしやすくなります。

パリなど北部は、落ち葉が街を彩ります。また、南部は屋外でのんびり寛ぎやすい時期となります。
・冬 12月~2月
北部の平均気温は約5度となり、寒くてどんよりとした日が続きます。
南部は平均気温は約7度と、意外と寒い印象です。特にプロヴァンス地方はミストラルという北風が吹き体感温度はさらに下がります。

パリの治安について

パリの治安は安全か? そう聞かれれば答えは「No」です。

フランスは、ヨーロッパの中でも治安が悪い国としてTOP10入りしてしまう国。

そのほとんどがスリや置き引きといった軽犯罪。重犯罪が起こることは滅多にありません。なので、しっかりと荷物を管理していれば、被害にあうことなく、パリを楽しむことができます。

主な犯罪
・観光に夢中になっている人や、地図などに気を取られている観光客のスキを狙ったスリ
・道を聞くふりをして近づくスリ
・グループぐるみのひったくり
・子供によるひったくり

主な対策
かばんは、リュックやショルダーバッグにして、自分の前で持つこと。

盗難犯罪に注意が必要な場所
・観光地(コンコルド広場にかけてのシャンゼリゼ通り、ヴェルサイユ宮殿、エッフェル塔周辺、凱旋門、サクレクール寺院など)
・美術館や博物館(オペラ通りも要注意)
・蚤の市
・夜のATM
・パリ・シャルル・ド・ゴール空港
・電車や駅構内(特にRER-B線)

治安事情がわかると少し行く気も薄れてしまいますが、

しっかりと対策をしておけば、恐れることもないでしょう。

訪れるまえに下準備をしておけば、大いに旅行を楽しめますよね!!

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする