【ウェディング】時間がかかりそう 引き出物の選び方

結婚式に招くゲストやお祝いを頂いた方へのギフト選びは、挙式の6~3カ月前からスタートします。両家の親にしきたりや意向を聞きながら進めていくこととなります。

披露宴の演出内容を決めるのと同じタイミングでギフトなどを決め、2カ月前には仮予約、1カ月前には本予約をすることとなります。

引き出物の金額の相場

引き出物の相場としては、披露宴の飲食費の3分の1を目安に考えるといわれています。
一人あたりの料理と飲み物が15,000円の場合の引き出物は約5,000円が目安となります。

昔からの語源で、合計数は奇数が基本。偶数は「割れる」を連想する方もいます。最近はあまり気にしない人もいるようです。簡易包装や熨斗紙なしのギフトもありますが、ゲスト一人一人への配慮が大切でしょう。

多種類を用意する場合

ゲスト別に種類別に用意した場合は、どれを誰に渡すかきちんと区分し、まちがえのないよう確認しましょう。包装紙の色分けや席次表に指示を書き込んでおくなどの工夫をするとよいでしょう。

外部から手配する場合は

披露宴会場以外で手配する場合、持ち込み料が必要か、生ものの持ち込み禁止はないかなど事前に確認を。そのうえで会場には搬入、保管を依頼して。利用するショップに配送も可能かを確認しましょう。

ギフトの選び方

二人らしさを出すには、と思うとあれこれ迷うことでしょう。
オリジナル品をオーダーメイドで作ったり、二人でデザインした陶器などいろいろなオリジナルがあるそうです。ラッピングにこだわることも一つですね。それぞれ準備は余裕をもち、早くとりかかりましょう。

ギフト選びは形式にこだわらず、ライフスタイルや好みに合うものを選ぶ傾向になっています。



性別、世代別、未婚と既婚、上司と友人、といった区別の仕方や、品物の選び方など、経験者たちの意見聞いてみるのもよいでしょう。

親族や上司には、ご祝儀の金額の大きさを考え、高級感のあるものを。

同僚や友人には日常生活ですぐに役立つアイテムを選ぶと喜んでもらえます。

最近、最も多く引き出物として選ばれているのがカタログギフトかもしれません。
選んだ引き出物が趣味に合わないかとの心配をする必要もなく、もらって嬉しい引き出物として人気です。

両親へ感謝の気持ちを込めて記念ギフト

両親へ記念品を贈るカップルも多いようです。
花束贈呈では、今まで育ててくれた感謝の気持ちを込めたプレゼントを贈りたいもの

ずっと家族の思い出として残るもの、手作りやアレンジしたものを贈っているようです。



結婚式のプチギフト

プチギフトとは、結婚式の披露宴や二次会で、ゲスト一人ひとりに贈るちょっとしたプレゼントのことで。参加してくれたゲストへ“感謝”を伝えるために渡すものです。
ゲストの退場時に新郎新婦から手渡するイメージではありますが、最近はテーブル装飾としての一部として座席におくことや、エスコートアイテムとして配布方法もさまざま。
引出物や引菓子とは別で用意することが多く、予算相場も一人あたり200~500円程度と「ちょっとしたギフト」として用意するのが一般的です。
クッキーやチョコレートなどのお菓子や入浴剤などの生活雑貨などをプチギフトとしての準備もあります

結婚の内祝い

結婚のお祝いをもらった方、披露宴にご招待できなかった方、事情があって欠席された方から結婚祝いを頂いた場合に贈る結婚「内祝い」。いつ頃贈るべきなのか、頂いた金額にどのくらいをお返しするべきなのか、品物は何が良いのか迷います。

一般的に、内祝いの時期は「1ヶ月以内」が目安とされています。



結婚式を挙げていないけれどお祝いを頂いた場合も内祝いをします。
こんな場合も入籍してから1ヶ月以内を目安にお返しの品をお贈りしましょう。
結婚内祝いは、夫婦で持参し、お渡しするのが正式ですが、遠方な場合など都合がつかないこともあります。

直接、ギフトショップからの発送も問題はありません。

結婚内祝いは、頂いたお祝いの半額を返す「半返し」が一般的です。
半返しを気にするあまり返しすぎるとかえって失礼になる場合もあります。
贈る相手との関係や地域の慣習など状況に応じてそれぞれ対応しましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする