そろそろ悩む「お中元」準備。知っておきたい予備知識

初夏5月に入り、もう街中は「お中元」の文字が目立つようになってきています。
職場の上司や親せき、知人など、贈るべきだろうか?迷ってしまうこともあります。
昔ながらのしきたりにこだわる人や現代の感覚という考えの人もそれぞれです。
どちらにせよ「日本の習慣」を知っていてもよいでしょう。

お中元のはじまり

「お中元」の画像検索結果

旧暦の1年を二回に分けて、
その真ん中に当たる7月15日を「中元」と言います。

これを伝来した仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)とが重なり、
ご先祖様の霊にお供え物をしたり、
お世話になったお家や人に贈り物をした習慣がはじまりといわれています。

時期こそ異なりますが、お中元とお歳暮の起源は、
日頃の感謝を伝えるための習慣だったようです。

お中元の贈る時期

お中元を贈る時期には、一定のマナーがあります。
地域によって時期が少し異なります。
地域違いは、大きくは東日本と西日本で分かれています。
東日本では、7月初旬~7月15日、
西日本では、7月下旬~8月15日がお中元の時期となります。

誰に贈るの?

「お中元」の画像検索結果

日頃、お世話になっている方や日頃会うことができない人、今後とも継続的なお付き合いをしたい人に、
感謝の気持ちを込めて贈るのが基本です。

義務的なものではないので、お互いに贈らないと決めている
場合などもあります。

また、最近では、上司に贈ることを禁止している会社もあります。
新入社員の方などは、予め、総務の担当者などに確認しておきましょう。

お中元の「のし」のつけ方、書き方

「お中元」の画像検索結果

お中元を持参して手渡しする時は「外のし」、
宅配の場合は「内のし」とするのが一般的です。

紅白の蝶結びの水引ののしに、
上段に「御中元」または「お中元」と、
下段に自分の名前を書きます。

連名で贈る場合、表記する名前は3名までです。
右側に目上の人の名前を書くようにします。
3名以上の場合は、下段中央に代表者名を書き、
左側に「外一同」と記入します。
他の人の名前は、中包みに書くようにしましょう。
会社の名前を入れる場合は、個人名の右側に表記します。

お中元の贈り方は

お中元は、事前に相手方と時間などを調整して、
風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーです。
相手によっては、 遠方などいう場合から、
最近は宅配便を使うケースが増えています。

「お中元」の画像検索結果
目上の方や、とてもお世話になっている方に送る場合は、
贈り物と一緒に挨拶状を付けたり、届くタイミングに合わせて、
手紙かはがきの挨拶状を送るのがマナーとされています。

喪中の場合は?

お中元は、お祝い事の贈り物ではなく、日頃お世話になっている方に、
感謝の気持ちを表すものです。
そのため、相手が喪中であっても、
一般的にはお中元のやり取りは差し支えはないでしょう。

どんなものを贈るべき?

定番のハムをはじめとして、お酒や洗剤など、豊富な種類の中迷ってしまいます。

相手の趣向が分かっている場合は、その品物を贈ることができますが 、分からない場合は、相手の家族構成や年齢などを考え予算に応じて選択するとよいでしょう。

もらってうれしいものランキングでは

商品券やビール、ハム、菓子類、カタログギフトなどが挙げられています。

ビールや清涼飲料水などの飲み物が人気。
贈りものの金額は3000円~5000円くらいが一般的。
少人数のお宅には量より質の高いものを、子供のいるお宅には家族そろって楽しめるものをと、相手のことを考えて選ぶのがポイントです。

また毎年同じものを贈って季節を伝えるのも印象深くていいでしょう。

相手が好きなものを選べるカタログギフトは、現代的な贈りものとして注目されています。生ものを贈るときは遠慮せず相手に電話をして、都合を確かめたいものです。
また、目上の人に現金やギフト券などを贈るのは原則的にタブーとされているので気をつけましょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする