一人暮らし 起こりやすいトラブルと対処法

初めて一人暮らしをするにあたり、充分な準備をしていても時には想定していなかった
トラブルも起こることもあります。

設備トラブルや近隣トラブルなど、色々あります。
その対処法を知っておけばスムーズに行動できることでしょう。

借りたと思いトラブルになるケース

住居物件は、敷金・礼金・家賃等さえ支払えば、誰でも契約ができるわけではありません。
入居申込後に「入居審査」があり、場合によっては大家さんや管理会社から断られることがあります。
入居審査には数日から1週間程度かかります。
審査の結果、入居を断られた場合、また一から部屋探しをやり直さなければなりません。

物件を仮押さえしてトラブルになるケース

「気に入った物件だけど、もう少し考えたい」という時に、とりあえず予約する目的で入居申込だけするケースがありますが、これはトラブルのもとになります。
賃貸借契約において仮押さえという手続きはありません。
意思が固まる前に入居申込書だけ提出して後でキャンセルをすると、不動産会社や大家さんとトラブルになる可能性がありますので注意が必要です。
入居申込は入居の意思が固まった時点でするものです。
まだ他の不動産会社も回るようであれば、入居申込はしないようにしましょう。

鍵の紛失

玄関ドアを開けようとしたら鍵がないことに気づいた…。なんていうトラブルも十分起こりえます。スペアキーがあっても家の中では無意味ですね。
そんな時は大家さんか管理会社に連絡しましょう。
大家さんか管理会社が持つマスターキーで開けてもらえば問題は解決します。
深夜の場合は鍵業者に依頼するか、ネットカフェや24時間営業のファミレスなどで一晩明かすしかないでしょう。
ただ、賃貸では勝手に鍵を交換してはいけないので、緊急時以外は鍵業者に交換を依頼するのはおすすめしません。

設備トラブル

水漏れや排水溝の詰まりは一人暮らしでよくあるトラブルです。
まずは大家さんか管理会社に連絡しましょう。
自分で修理業者を手配しても構いませんが、その場合は修理費用が自己負担になってしまう場合があります。
大家さんが修理してくれることもありますし、業者を手配してくれることもあるので、
設備トラブルが起こったら連絡をして判断を仰ぎましょう。

エアコンが動かないと思ったら

初めての1人暮らしでよくあるのが、フィルターの掃除し忘れによる故障です。
今までの実家暮らしで、自分でエアコンのフィルターを掃除をしていないとフィルターの掃除が必要なことを知らない方がよくいます。
エアコンのフィルターはまめに掃除をしないと、ホコリが溜まって故障の原因になります。
掃除機でこまめにホコリを吸ってあげましょう。
エアコンのこまめな掃除で電気代も抑えられます

万が一故障してしまった場合は、すぐに大家さんか管理会社へ連絡しましょう。

隣人トラブル

隣人トラブルに巻き込まれることがあります。騒音で悩まされることもありますし、いわれのないクレームで不快な思いをさせられることもあるでしょう。
隣人トラブルは非常に難しい問題で、直接クレームを言うことはおすすめしません。
隣人の騒音や臭いの被害に悩まされたら、大家さんや管理会社に相談してください。
一軒家なら自分で対処しなければなりませんが、大家さんや管理会社がいるのですからまずは相談してみましょう。

隣人の騒音被害に遭わないために、防音性の高い物件を選ぶという方法もあります。
部屋の壁が薄いとどうしても隣人の生活音や話し声が聞こえてしまいますので、
音が気になる方は防音性を重視して部屋を探してみるとよいでしょう。

ゴキブリの出没

ゴキブリが平気な方は慌てませんが、苦手な方は部屋の中を走り回っているだけでパニックになってしまうとか…。
対処法は、ヤツが出没しないようにすることです。部屋とキッチンを綺麗にしておくことや、ゴキブリ駆除剤の設置は最低限しておいた方がよいでしょう。
そして、あまりのパニックで駆除スプレーを噴射すると場合によっては火災報知器が鳴る恐れもありますので、充分ご注意ください。

ストーカー被害

女性の一人暮らしはストーカー被害に遭う危険があります。女性の一人暮らしを狙う卑劣なストーカーがいますので十分に気をつけることが必要です。
「自分だけは大丈夫と」思うことは禁物です。

日常で防犯対策をすることも大事ですが、根本的にストーカーに狙われにくい賃貸マンションを選ぶことが大事です。防犯設備の充実度もそうですが、エントランス付近に死角がないか、最寄り駅から自宅までの夜道が安全であるかなども確認した上で物件を選びましょう。

部屋の結露がひどいと思ったら

ワンルームの場合は、ベランダや窓の縁に水滴がつき、ひどいとカビが生えることもあります。
これを部屋の欠陥だと思って心配する人がいますが、実はそうではありません。
ワンルームは一戸建てよりも機密性が高いため、特に冬はこまめに換気をしないと、結露が発生しやすくなっています。
室内で暖房器具や加湿器を使用する際には、換気扇を回したり、通気口を開けたりして換気に気を使いましょう。

一人で解決できないことは周りの人に相談することが大事です。トラブルに遭遇した時に人に頼るのは恥ずかしいことではありません。

大家さんや管理会社との間で解決できない問題が生じた場合には、近くの交番に助けを求めることも必要です。
無理してトラブルを一人で解決しようとしないでくださいね。

どんなトラブルに遭遇しても、落ち着いて対処することが大事です。慌てて対処すると余計にトラブルが悪化することがありますので、冷静に対処することが大切ですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする