【沖縄旅行】シーズン別、天気、服装、過ごし方

沖縄は1年中「夏」だというイメージがありますが、少々違うようです。

シーズンによっての気温差があり、服装や楽しみ方も違ってきます。

沖縄の1月 天気・服装・過ごし方

1月の沖縄の天気・気候

〇気候

平均気温は17度程度、最高気温は20度弱と比較的過ごしやすい1月

最低気温は15度を下回り肌寒さを感じることもあります。

半ばに入ると、例年では桜のつぼみが見え始めます。

上着なしでも過ごしやすいく、天候が落ち着いています。

〇服装

半袖、半ズボンではまだ肌寒く感じられます。

秋のスタイルを。足元もサンダル類はまだはやそうです。

〇旅行中の過ごし方

さすがに沖縄も1月は冬の時期であり、しっかりと寒さ対策も必要です。

海以外の観光を目的であればこの時期の観光もいいのでは?

沖縄本島にあるかつて琉球王国があった歴史的史跡の数々あります。

名所をじっくりと見て回れるのも陽射しが穏やかな1月の沖縄ならではといえるでしょう。

沖縄の2月 天気・服装・過ごし方

〇気候

2月の沖縄は特に前半に肌寒さが感じられます。

平均気温は17度程度、最高気温は20度弱で1月と変わらず、1月と同様です。

小雨が多くなる場合もあり、寒さが感じられます。

夜は冷え込んむことも考えられますので長時間外へ出る時は暑さ・寒さ対策の両方を。

〇服装

1年の中で最も気温の差が激しいともいえる沖縄の2月です。

Tシャツ 1枚で過ごすことも十分可能です。温かいと感じやすい気候ですし、人によっては暑いと感じるます。

朝晩はとても冷え込みますので、防寒対策が必要になります。

〇旅行中の過ごし方

 2月は比較的観光客が少なく時期でもあり、格安プランなども望めます。

台風の心配もないこの時期に出かけるのは満足度できるのでは?

2月の沖縄は見どころがたくさんあります。桜の見頃を迎えられ、一足早く桜を満喫することができます。

また、冬場の新名物として注目されるのがホエールウォッチングで、ケラマ諸島の周辺海域ではザトウクジラが親子で回遊が見れるチャンスです。

沖縄の3月 天気・服装・過ごし方

〇気候

いよいよ春から夏に向かい気温も上がり始めるこの時期は、晴れている日は暑さ対策が必要になります。

沖縄の3月は本州の4月中旬から下旬くらいの気候で、草花が一気に成長し始めます。

平均気温は、18.9度、最高気温は21.7度とまだ暑いとは言えませんが、日を追うごとに陽射しが強まります。

〇服装

この時期になるとTシャツ姿でも困らない日が多くなります。

肌の弱い人にとっては日焼け止めが欠かせないのもこの時期からです。

前半に訪れるなら、防寒着とは言わないまでも厚手の長袖が一枚あれば重宝します。

後半でも薄手の長袖くらいはあった方が安心です。

〇旅行中の過ごし方

 3月になれば沖縄各地のビーチでは海開きが行われます。3月の後半になれば子供の春休みや大学生の卒業旅行で混み合いやすくなります。

この時期旅行は早め方が良いですね。

石垣島や宮古島では一足早く海開きとなります。水温も21度程度あるため泳ぐには何ら問題ありません。ただ、長時間の海ではウェットスーツは用意したいところです。 

沖縄の3月のイベントとして有名なのが沖縄国際映画祭です。映画上映やライブな様々なイベントが行われます。

沖縄の4月 天気・服装・過ごし方

〇気候

沖縄の4月の平均気温は21.4度。最高気温の平均は24.1度にもなりますので、日によっては終日半袖で過ごすことも可能でしょう。最低気温は19度程度でそれほど寒いと感じる日は多くありません。とはいえ、薄手の長袖はあった方が安心です。特に梅雨が近づく下旬に至っては肌寒さを感じる日もあり得ます。

〇服装

1年の中で最も過ごしやすいのが4月。

そのため、沖縄旅行にはベストシーズンとも言えそうです。日中だけの行動となればTシャツやノースリーブで十分で、快適に初夏の沖縄を楽しめます。

ビーチサンダルやミュールなどで過ごせるでしょう。

〇旅行中の過ごし方

 夏に向けて観光客が増え始める沖縄。観光客が多くなる梅雨明けの時期は避けたい方には梅雨入り前の観光はこの時期がおススメです。

アクティブに沖縄本島や離島を巡りたい方、じっくりと歴史的・文化的スポットを巡りたい方それぞれにとって快適な沖縄観光ができそうです。

4月後半から日本で最も早く行われるという花火大会「琉球海炎祭」が行われます。

沖縄の5月 天気・服装・過ごし方

〇気候

GWが終わると梅雨に入る沖縄。降水量も増えジメジメとした日が多くなります。平均気温が24度で雨が続いてしまい不快に感じます。

最高気温の平均が26.7度、最低気温の平均が21.8度で湿度も高めなうえに80%を超えるような日もありま。

この天気は6月下旬まで続きますが、雨が降り続くというわけではなく、1日の中で雨が降る時間帯もあれば真夏のようにギラつく太陽光が降り注ぐ時間帯もあります。

〇服装

湿度が高いこの時期は風通しの良い服装がオススメです。

陽射しが強いときもありますので紫外線対策は必要です。また、ホテル内はエアコンがとても良く効いていますので、冷房対策という意味でも長袖はあった方が安心です。

〇旅行中の過ごし方

GWに開催される「那覇ハーリー」は多くの人で賑わう一大イベントです。

5月に沖縄を訪れるならば見ておきたい。この那覇ハーリーは約600年もの歴史あるイベントで中でも那覇で行われるハーリーは規模は県内最大のイベントです。

海に入るには早い5月ではありますが、イベントが多い5月の沖縄です。

沖縄の6月 天気・服装・過ごし方

〇気候

ジメジメして不快な沖縄の6月は、降水量が1年の中で最も多くなる時期であり、グズついた天候が多くなります。

平均気温は26.8度。最高気温の平均は29.4度ということですから30度を超える日も珍しくはなく、空気が重く感じられます。

最低気温の平均も24.8度で夜間の外出も生ぬるく感じます。

〇服装

5月以上の不快なシーズンの6月の沖縄は、湿度が83%を超えます。

軽やかな服装をがよいでしょう。

風通しの良さを意識した服装、また吸水性が高い服装がおススメです。

この時期の紫外線量は本州の8月よりも多いと言われています。絶対に日焼けはしたくないというのであれば長袖はあった方が安心です。

〇旅行中の過ごし方

沖縄の6月は梅雨の真っ只中で不快指数も高める時期ですが、その一方で海を満喫できるシーズンに突入します。その一つは手軽に楽しめるシュノーケリング体験です。

簡単に楽しめるのがシュノーケリングの魅力で、タイミングが合えばウミガメやマンタに遭遇できるかもしれません。 6月は沖縄本島、離島の各所でハーリーが行われ、参加できるものもあります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする