「ご当地ご当地スィーツ」素材がそのままのスイーツ ~ 岡山県 編 ~

岡山県は本州の南部にある県で、その大部分を占める田園地帯、江戸時代の城、複数の名高い美術館で知られています。

瀬戸大橋を経由して四国に渡る際の玄関口でもあります。

後楽園や倉敷美観地区、蒜山高原など観光名所もたくさんあり、食については

瀬戸内海の新鮮な魚介類から、和牛のルーツと言われている千屋牛、全国的にも評価が高いB級グルメなどが楽しめます。

焼きモンブラン

「岡山 焼きモンブラン」の画像検索結果

「焼きモンブラン」は、渋皮栗甘露煮をまるごと1粒包んだ和モンブランです。

食感や素材の組み合わせが珍しく、人気を集めています。

「和モンブラン」は、同じくパリッとした外皮、中は抹茶生地に岡山県産黒豆を使用した、和の味わい。外皮のシワは、一つひとつ丁寧に手作業でつけています。

外皮のパリッとした食感を楽しみたいときは、解凍後そのままで。

生地のしっとり感と、栗のほっくり感を楽しみたいときは、オーブンで温めて食べるのがおすすめです。

ミニバーケーキ

「福井堂 スティックケーキ」の画像検索結果

可愛らしいフォルムの洋菓子『楽(らく)』

食べるのがもったいない……と大好評のミニバーケーキです。

豊富にある種類は10種類で、パイナップルの甘酸っぱい実がゴロっと入ったマンゴー生地のトロピカルな「Mango Ananas」や焦がしキャラメルのような大人のキャラメルをしっかり感じられる生地に表面にはホワイトのチョコで可愛くアートした「Caramel Mania」など、可愛さプラス芸術的なお菓子です。

明治4年の創業以来、長い歴史を歩んできたお店「福井堂」

和菓子は、岡山の大自然が育んだ天然の恵みをふんだんに使用しています。

時代が進んでもその基本は変えず、一方で次代のお菓子開発も追求しており、洋菓子も常に革新を行い、そこへ和の技巧を融合させ、新たなるお菓子を創造しています。

お店にはこの他、カラフルな洋菓子がたくさん並んでいて、ポップ感が溢れています。

生クリームパン

「清水屋 生クリームパン」の画像検索結果

ふわっふわでしっとりした表面のパン、中には生クリームが入っています。

岡山県に本社を置く清水屋は、生クリームパンやクロワッサンがおいしいと大人気で、

1日2万5千個売れるそう。

地域によってはスーパーやコンビニでも販売していて店頭に並ぶとスグに完売します。

生クリームパンの種類は、基本5種類あり、期間限定で小倉ホイップや、ブルーベリー

など違う味も作られています。

生地がとてもしっとり柔らかいため、中の生クリームの味が120%楽しめます。 

清水白桃ぷりん

「清水白桃ぷりん/おかやま桃子」の画像検索結果

契約農家の人たちが大切に育んだ岡山県産の清水白桃を使用したプリンです。
桃が熟す一瞬は短く、甘みや食感、芳香が最高になった時に収穫し、
しっかりと手間をかけて旬の味をとじ込めました。

果肉が緻密で食感が滑らかであることから、全国一の優れた品種と言われています。

現在では岡山県で栽培されている桃の約40%を占める県を代表する品種です。

果実とプリンの組み合わせで、清水白桃本来のおいしさが感じられる岡山を代表する

旬のスイーツです。

マスカットきびだんご

「マスカットきびだんご」の画像検索結果

岡山名物「きびだんご」の中に、特産のマスカット果蜜を入れたさわやかな餅菓子。

一口食べるとフルーティーな果蜜がとろり。甘酸っぱい美味しさが口の中いっぱいに広がります。

砂糖、水飴、餅粉(国内産)を主な原料とし、ぶどう(マスカット)で果実味溢れる味わい

となっています。

敷島堂の「元祖マスカットきびだんご」が始まりで、「岡山の定番きびだんごとマスカットの両方が楽しめる」と、人気商品です。

でざあととまと

「岡山県 でざあととまと」の画像検索結果

 岡山県産桃太郎トマトを「まるごと」使用したゼリーです。

農薬の使用を抑え、有機質肥料中心で栽培した桃太郎トマトを風味を生かしたゼリーに仕上げてあります。

「桃太郎トマト」は、トマトの中でも最も有名な品種。すっきりした酸味と甘みがあって、ずっしりと重く、完熟しても皮、果肉がしっかりしているので日持ちがよいのが特徴です

その桃太郎マトを丸ごと使用したのが「でざあととまと」。

食欲がなくなったときでも食べたくなるゼリーです。

おかやまロール

「おかやまロール」の画像検索結果

岡山自慢の素材を1本のロールケーキに入れたお土産が「おかやまロール」です。

吉備団子、清水白桃のジャム、ジャージー牛乳、作州黒甘納豆、岡山の特選素材をロールケーキに巻き込んだ贅沢な1本です。

バタークリームなので日持ちもします。

通常のほか、スポンジにはフランス産のココア、クリームに蒜山ジャージーチョコを使用した「ジャージーチョコ」の種類があります。
 

まとめ

岡山のスイーツは素材がそのまま使用されたものが目につきました。

色鮮やかなもの、くだものなどがそのままの状態で作られていることでギルトフリーのような錯覚にもなってしまいそうなスイーツです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする