「ご当地スィーツ」スッキリ贅沢なスイーツ ~ 高知県 編 ~

高知県は四国にある県です。

大半が農村地帯で、山々、河川、太平洋沿岸のビーチで知られています。1600 年代建立の高知城があり、これは江戸時代の城の中でも特に状態のよいもののひとつです。

幕末の志士である坂本龍馬や中岡慎太郎ゆかりの地が点在するなど歴史スポットも多い高知県。多くを太平洋に面していることから「鰹のタタキ」「清水サバ」といった美味しい海の幸も楽しめます。

かんざし

柚子風味の白餡をマドレーヌ生地で包み焼いたお菓子。

高知のよさこい節にちなんで昭和37年から販売しているロングセラー商品です。

年間450万個を発売しています。

マーガリンと卵をたっぷり使用したホイル焼きのお菓子で、表面に赤いかんざしの模様が描かれています。

ふわふわの生地と柚子の香りが特徴で、冷蔵庫で冷やしても、ホイルのままトースターで温めても美味しくいただけます。

野根まんじゅう

北海道十勝小豆を100%使用して炊いた自家製こし餡を、純米酒でほんのり風味付けした生地でつつみ、ふっくらと蒸しあげてあるお饅頭です。

「浜口福月堂」は、創業以来、約140年以上にもわたって名物の「野根まんじゅう」を作り続ける老舗菓子店です。

口どけの良い饅頭皮の中に、自家製あんが詰まった1口サイズの蒸し饅頭。

じっくりと炊き上げて、上品な味わいに仕上げています。

地元でも親しまれている有名なお饅頭です。

薄い皮に、こし餡がしっかりと詰まっていて、 口にすると「ほろっ」とほどけるような、 軽い口当たりです。

ポテトフレークサブレ

皮つきのサツマイモを焼いて特製ポテトフレークを使用したサブレです。

「芋舗 芋屋金次郎」は、高知にある芋けんぴ一筋の老舗メーカー「澁谷食品」が展開する芋菓子専門店。

原料となるサツマイモは、自社の芋苗を高知や九州を中心とした契約農家で栽培したものを使用しています。

オリジナルのポテトフレークを使い、フレッシュバターで焼き上げています。

アヤムラサキとさつま金時の2種類があり、それぞれの芋の違いを味わうことができます。

イモ好きにはたまらないお菓子です。

ゆずかおるふるふるゼリー

爽やかな柚子の香りと風味が楽しめる1口サイズのゼリー。

「池田柚華園」は、北川村にある柚子農家で、栽培のかたわら、柚子ドリンクや調味料、スイーツなどの加工品を製造・販売しています。

高知県の安芸郡北川村一帯は、日本一のゆずの生産地として知られています。

北川村特産品のゆずを絞ったエッセンスをたっぷり使ってひと口サイズの透明なゼリーは、甘さ控えめで後味がスッキリしたゆずの風味を楽しむことができます。

凍らせてシャーベット状にして食べても美味しくいただけます。

満天の星大福

 

四万十川源流域の大自然で育った上質な茶葉をたっぷり使用したほうじ茶の大福です。

4重層になっており、クリーミーな生クリーム、上質なあんこをしっとりやわらかいほうじ茶の餅でくるみ、香ばしいほうじ茶粉をたっぷりまぶした大人のための大福です。

四万十川源流点に近い津野町は、江戸時代から続くお茶の産地です。

ほうじ茶の餅もほうじ茶粉も、津野町の大自然の中で栽培された茶葉がたっぷり使われています。

他にもほうじ茶チョコレートやほうじ茶ロールケーキもあり、直売店ではほうじ茶そのものも販売されています。

フルトマ完熟ゼリー

高知県産の完熟池トマトを使用し濃縮したゼリー。
糖度9度以上の池トマトは、甘いだけでなく、適度な酸味とのバランスが取れた味が大人気。
高知の有名トマト生産者がこだわり農法で作ったフルーツトマトのジュースを100%原料に使用してあります。
高知の豊かな自然の中で作られている、フルーツの様な甘みの「池トマト」をトマトの本来の味と栄養をそのままのゼリー。
口どけ柔らかな寒天を使っているので喉越しがよく、さらさら食べられます。

茶畑プリン

美しい色合いと香ばしさの組み合わせは、ありそうでなかった新しいほうじ茶プリンです。

こだわりのはちみつ池川茶園のある高知県仁淀川町産の、『天然蜂蜜』を使用しています。

貴重な地蜜として親しまれ、やさしい甘さが特徴。 

茶農家の女性たちが自ら育てた茶葉を贅沢に使い、丁寧にスイーツを手作りしています。

ほうじ茶プリン. 緑茶をベースに、強めに火入れして独特の香ばしさを引き出したほうじ茶。

なんともいえない香りとさっぱりとしたお味が贅沢感を思わせるプリンです。

まとめ

高知のスイーツはスッキリとツルン系のスイーツが目立ちました。

見て楽しめ、色鮮やかさがわきだつスイーツは、毎日食べても飽きないだろう!!と感じました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする