京都へ行くなら立ち寄りたい 話題のスィーツのお店

京都には有名なお菓子処が多くあります。

老舗や有名店はもちろんのこと、数々のお店がオリジナル商品を開発しています。

訪れる時には、ぜひとも食べてみたいです。

器ごと食べれるマッシュポテト

京都市役所前駅近い場所にマッシュポテトとスムージー専門店『ぽてとんち』があります。

北海道産ジャガイモを使用したマッシュポテト、そして無農薬野菜で作られたスムージーがいただけます。

豊富なバリエーションがと器ごと食べられるマッシュポテト
このお店では、数種類のマッシュされたポテトと20種類以上あるソースを選び、
食べられる器と食べられるスプーンで食べるテイクアウトのお店です。
試食をして選ぶこともでき、店内で食べることもできます。

観光の合間に手軽に食べられて、お腹もふくれる、新しいテイクアウトフードとして人気。

「ぽてとんち」の画像検索結果
オリジナルシュー生地で作った器にマッシュポテトを詰め、ソースをトッピング。
ジャガイモの皮入りクッキーをスプーン代わりにいただくのが「ぽてとんち」流。

お値段はは400円~600円前後とリーズナブル。
1番人気は「タコス風」。辛さ控えめのタコミートでマイルドな味わいに仕上げてあります。
ビタミンCやカロチン、食物繊維が豊富なジャガイモに、キュウリやトマトなど野菜をたっぷり加えたヘルシー感が女性に人気です。
「ポテトフォンデュ」は、ソーセージやチョリソー、ピクルスを、マッシュポテトにチーズを合わせたソースにつけて食べる。
アルコールにも最適です。

 ぽてとんち

・住所:京都府京都市中京区八百屋町106-2
・TEL:070-1762-8833
・営業時間:11時~18時

・定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、その他不定休あり              

嵐山限定メニュー「スコーンサンド」

東京・表参道に第1号店をオープンして以降、行列の絶えない人気店として知られるティーラテ専門店「チャバティ」。

京都・嵐山に2号店がオープンしました。

世界中の人々が集まる観光名所・京都嵐山の中でもシンボル的存在である渡月橋に隣接しています。

メインの「ティーラテ」は、ウバ、ほうじ茶、抹茶の3種類を用意。

「チャバティ」のシグニチャーメニューである「ウバティーラテ」には、実際にスリランカ高地にある茶園を訪れ、テイスティングを繰り返しながら厳選した、ミルクと相性のいいウバを使用している。茶本来の香りを最大限に引き出し、まろやかさと自然の甘みを楽しめるよう仕上げてあります。

また、「抹茶ティーラテ」は、丹念に茶葉を挽き、滑らかな旨味とコク、そして豊かな風味豊を感じられる1杯に。「ほうじ茶ティーラテ」は、香ばしさと上質なコクを、和三盆糖の優しい甘さで包み込んでいる。

さらに夏の暑い日に最適なフローズンタイプのティーラテ「スノーシェイク」、白玉をのせたティーソフトクリームとティーラテをハーフ&ハーフで味わえる「アンドティーラテ(& TEA LATTE)」なども展開。

 

京都・嵐山オープンに合わせ、限定メニューの「スコーンサンド」を販売。イギリスの伝統的な作り方を再現したオリジナルのフルーツジャムや表参道で人気のハニーナッツを、ホイップバターとともにサンドした全5種類をご用意。

チャバティ 京都嵐山(CHAVATY kyoto arashiyama)
・住所:京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町官有地朝乃家内
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:無休
・アクセス:阪急電車嵐山駅から徒歩5分

オープンキッチンでライブ感

京都駅の「マールブランシュカフェ」が、店名・内装を変更し「マールブランシュ八条口店」
としてリニューアルオープンしました。

店内では、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」をはじめとする焼き菓子や「モンブラン」などの生ケーキといったスイーツメニューが楽しめます。

ダウンロード (5).jfif
併設するカフェカウンターでは、店舗限定メニュー「モンブランミルフィユ」
「お濃茶ナイトロブリュー」を目の前でメニューを仕上げる、ライブ感溢れる
オープンキッチンもこのお店の特徴となっています。

「モンブランミルフィユ」は、店内で焼き上げるパイとこだわりのモンブランクリームを
3層にレイヤード。
キャラメリゼして薄く焼き上げたパリっと香ばしいパイと、ラム酒香るモンブランクリーム、
ミルクアイスのハーモニーを堪能できる。

また、「お濃茶ナイトロブリュー」は、香り引き立つたっぷりのお濃茶と、窒素ガスを
注入することによって生まれるとろりとしたクリーミーな泡が特長。
生ビールのように専用サーバーから注ぐ新感覚の抹茶ドリンクを味わいたい。

マールブランシュ八条口店
営業時間:9:00~21:00(カフェL.O.20:30)
住所:京都府京都市下京区東塩小路釜殿町31-1 京都駅近鉄名店街 みやこみち内
定休日:無し(施設に準ずる)

大きいグラスで食べるパフェ

京都・伊藤久右衛門が、国内5店舗目となる「祇園四条店」が2019年8月7日

新規オープンしました。

京都市内初となる茶房併設店舗となる「祇園四条店」ではオープン記念とし、通常より一回り大きなグラスで作るこだわりの宇治抹茶パフェに渋皮栗、丹波黒豆、和のチョコレート、宇治抹茶ロールケーキを盛り付けた「祇園パフェ」が限定メニュー。

伊藤久右衛門は、世界遺産を2つ有する京都・宇治に本店を構える天保3年(1832年)創業の
お茶屋です。

新店舗は、宇治本店・JR宇治駅前店のみに併設されていた茶房を、宇治以外ではじめて併設する複合店舗となります。

W9I.jpg

宇治の茶房で人気の「抹茶パフェ」、四季折々の「季節パフェ」や「抹茶そば」など、
スイーツからランチメニューまで幅広く取り揃えています。

アクセスは京阪電鉄 祇園四条駅より徒歩1分、阪急電鉄 河原町駅より徒歩約4分の駅近く。
3階建ての店内は、1階がお土産コーナー、2・3階が茶房となっています。

「伊藤久右衛門 祇園四条店」
  ・住所:京都市東山区四条通大和大路東南角祇園町南側586 井澤南ビル
  ・営業時間:11:00~19:00(茶房ラストオーダー18:30)
  ・定休日:なし(元日を除く)

好みでアレンジできるスィーツ

 
AWOMB こころみ -

京都で人気沸騰中の和食店「AWOMB(アウーム)」から、甘味処としてオープンした「AWOMB こころみ」。小さく仕立てられたおやつを包んだりのせたりして食べる手織り果子が、フォトジェニックで楽しいと話題になっています。

見て、作って、食べて楽しい手織り果子の世界。

味はもちろん目でも楽しめます。
クレープ生地やもなかにのせてお好みでカップに入った白味噌ソフトクリームをのっけたりとアレンジしながら頂きます。最後は素材をカップの溶けてきた白味噌ソフトクリームに入れるとおしるこが出来ます。

手織り果子は、かつて日本のお菓子が木の実や干した果実だったことに由来し、“果”の字をとって名付けられました。小さく盛られた16種類のおやつと白味噌のソフトクリーム・乳餡を使って、自分で果子作りを“こころみ”ます。

ドリンクも自分で作り上げるのが「AWOMB こころみ」のスタイル。

自分でおうすを点てられる「手前点前」は、京都の日本茶専門店「一保堂茶舗」の抹茶と、こころみ自家製のお干菓子・琥珀糖が添えられています。

AWOMB こころみ
住所:京都府京都市中京区姥柳町189(AWOMB烏丸本店の隣)
TEL:075-203-6811
営業時間:11時〜 ※閉店時間は店舗にお問い合わせください
定休日:不定休
スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする