【温泉】別府温泉 外せない観光スポット

さまざまな“日本一”の称号を持つ、大分の「別府温泉」。街中の至る所から立ち昇る湯煙は、日本一の源泉数と湧出量、そして豊富な泉質を誇る別府温泉ならではの風景です。泉都とも呼ばれる別府市には、鶴見岳と伽藍岳の二つの火山の周辺に多数の温泉が湧き出ています。珍しい景観を楽しめる「別府地獄めぐり」など観光スポットも充実。毎年800万人を超える観光客が訪れる、日本を代表する温泉地です。

7つの別府地獄めぐり

f:id:momotoyuin:20180424131758j:plain

鉄輪・亀川の地獄地帯の由来は、1,000年以上前から噴気・熱泥・熱湯などが噴出し近寄る事もできない土地であったことから「地獄」と称せられるようになりました。コバルトブルーの海地獄・赤い熱泥の血の池地獄・龍巻地獄・青白い白池地獄の4つは2009年に国の名勝に指定されています。砂蒸し足湯や車いすでも入れる足湯など気軽に楽しめる場も。また、地獄蒸し焼きプリンや地獄軟膏などおすすめのお土産も取り揃えてあります。各地獄で名物”温泉たまご”を食べ比べもできます。

別府地獄めぐりの中でも、観光客に一番人気なのは海地獄。その理由は海のようなコバルトブルーが本当に美しいから。しかし池の温度は約98度、池の周りからは高熱の噴気が吹き出しています。落ちたら、まさに地獄!ここは1300年ほど前、鶴見岳の噴火により生まれた硫酸鉄による青く神秘的な地獄です。

7つの地獄を全部巡るには4時間くらいかかるとのことです。

~別府地獄めぐり共通の情報~
  • 電話:0977-66-1577(別府地獄組合)
  • 入場料金:大人400円、高校生300円、中学生250円、小学生200円
  • 共通観覧券:大人2,000円、高校生1,350円、中学生1,000円、小学生900円
  • 地獄めぐりの公式サイトはこちら

湯けむり展望台

「湯けむり展望台」の画像検索結果

海地獄と血の池地獄の中間くらいに位置する、住宅街の中に突如現れる展望台です。別府の町を一望でき、とりわけ夜景は「日本夜景遺産」になるほどの美しさ。無数にもくもくと立ち上る湯けむりは、壮観の一言です。ちなみに、湯けむりは比較的湿度の高い曇りの日によく見え、晴天の日は見えにくいです。

これほど多くの湯けむりが立ち上がる景色は珍しく、日本一豊富な湧出量を誇る別府ならではの景色を楽しめる別府観光には欠かせないスポットです。

「日本夜景遺産」にも認定されており、ライトアップされた湯けむりを眺められる夜に訪れるのもおすすめです。

 

ビーコンプラザ・グローバルタワー

斬新なデザインが特徴的な観光展望塔「ビーコンプラザ・グローバルタワー」。大分県出身の建築家・磯崎新氏が、直径1kmの巨大な球の一部をイメージしてデザインしました。タワーの高さは125m。エレベーターで地上100mの展望デッキへ上がります。ガラス張りの展望デッキからは360度の大パノラマを見渡せ、天気が良ければ別府湾の向こうの四国まで見ることができます。
別府の市街地にあるグローバルタワーは、「日本夜景遺産」に認定された美しい夜景を手軽に見られると観光客に人気。タワーの入場は公式サイトの割引券を利用するとオトクです。

明礬湯の里

別府ICから車で5分ほど登っていくと硫黄のにおいが強くなってきて、風情のある「湯の花小屋」が見えてきます。明礬温泉のお湯を利用した入浴剤「薬用湯の花」の製造直売所で、観光・日帰り温泉・お土産・食事をまとめて楽しめます。湯の花小屋では、かやぶき屋根の下に栗石を敷いて湯の花を作っています。なかなか見る機会がない湯の花小屋を無料で見学できるため、多くの観光客が訪れる別府の人気観光スポットの1つです。

しかしここは明礬温泉、観光だけではもったいない。硫黄の香りが強いにごり湯に浸かってみませんか。標高350mの高台にある大露天岩風呂は、目の前に明礬大橋、別府湾や高崎山など、絶景を見ながら温泉を楽しめます。かやぶき屋根の家族風呂もあります。

べっぷ駅市場

べっぷ駅市場

昔の面影あり、タイムスリップしたような気分。

JR日豊本線・別府駅の高架下にある昭和レトロな駅市場。昔ながらの八百屋や魚屋、惣菜屋などが軒を連ね、食べ歩きにも最適なスポットです。別府名物のとり天や山盛りのお惣菜、フグやヒラメの刺身は皿に盛り付けた状態で売っているので、そのまま買ってホテルの部屋で味わうのもおすすめ。もちろん地元民価格で、コスパの良さも抜群です。

ネット予約安心して使えるサイト
スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする