【ハワイ】楽園と言われてもきびしいルール!?

日本人のハワイのイメージは「楽園」でしょう。
南国でのびのび滞在したい・・・つもりでも、意外と厳しい思うことがあります。

個人的には魅力が薄れてきました~~(笑)

チップは渡すのが基本

ハワイではチップの文化が存在します。
よっぽどのことがない限りは渡すのが基本
受けたサービスに対してどうしても納得のいかないクレームがある場合は
支払わないという意思表示もありますが、基本的には必ず支払うのがマナーです。

紙幣は軽く折りたたみ、目立たないように渡すより慣れたように見えます。
チップは小銭ではなくお札で支払うのがマナーであり、スマートであるとされています。
小銭で支払うことが失礼にあたる場合もあるので、注意が必要です。

レストランでは、

合計金額の15%〜20%がチップの相場です。
伝票にすでにサービス料が加算されている場合もありますが、ない場合はチップ込みで支払いをするか、テーブルにチップを置いて帰るのがスマートです。
また、“高級レストラン”になるとその分チップの相場も20%〜25%に増えます。

ホテル

様々なケースでチップが必要になります。
まず、玄関から受付までの対応をしてくれる「ドアマン」には1〜2ドルを渡します。
その後、部屋まで荷物を運んでくれる「ポーター」にも同様に1〜2ドルを渡しましょう。
外出中に部屋の掃除をしてくれる「ルームキーパー」には1〜2ドルを。
枕元やベッドサイドテーブルに置いておくようにしましょう。

レンタカーなどを利用する方は、

ホテルの入口から代理で駐車場まで車を駐めてもらえる
「バレーパーキング」というサービスもあります。
引き取る時にチップを支払うのが一般的です。ここでのチップは2〜5ドルが相場です。

ホテルも、グレードに合わせてチップの相場が高くなることもあります。
格式高いホテルに宿泊する場合は、前もって調べておくとよいでしょう。

タクシーの場合は

メーターに対して10〜15%がチップの相場といわれています。
また、乗り降りの際に荷物の積み込みを手伝ってくれることもあるでしょう。
その際は支払いとは別に、1〜2ドルのチップを渡しましょう。

オプショナルツアー

アクティビティやスパ、マッサージやネイルサロンなど、その他もろもろのサービスにも
だいたい15〜20%のチップを想定しておきましょう。
レストランと同様でお会計(オプショナルツアーの場合は、予約時の金額)に既にチップが
含まれている場合もあります。支払いの際は注意して伝票を確認しましょう。

こんなにあるの!?ハワイのマナー

・列の並び方は1列で
ハワイでは列は基本的に一列です。トイレやレジなど場所に関係なく一列に並んで開いた ところに入るということがルールです。
曖昧になっていて不明だと感じた場合は、素直に「Are you on the line?(列に並んでいますか?)」と確認をしてからその列に並ぶように心がけてください。

・公共の場での飲酒は禁止
旅行中の解放感でお酒もついつい昼夜問わず飲みたい気分にもなりますが、

ハワイではお酒の飲み方にもルールがあります。
公共の場での飲酒は法律で禁止されているのです。
ビーチをはじめとして、公園、路上、公共施設など、人の集まる場所では飲酒をしてはいけません。
もちろん、飲酒運転や歩きながら飲むことも違法となります。
また、飲酒は21歳以上なっていて、購入の際にはパスポートの提示が求められる場合もあります。
ハワイでの飲酒はレストランやホテルなどゆっくりとできるところを選びましょう。

・喫煙も日本よりも厳しい
ハワイでの喫煙は、日本よりもずっと注意点が多いです。ハワイでは取り決めが多く、ほとんどの場所が禁煙となっています。
飛行機内・レストランやバー・ショッピングモール・ホテルのロビー・公共のビーチや公園・そのほか州や国の建造物などはすべて禁煙です。
ホテルに関しては一部の客室以外は建物内はほぼ全面禁煙となっているのが現状です。

・レストランなどでのTPO
レストランでの食事をとる際にドレスコードのあるレストランが多く存在します。
ドレスコードのないレストランもありますが、記載のある場合はラフな格好で訪れてしまうと店に入れないという場合もありますので、確認しましょう。
男性であればジャケットを羽織るなど、きっちりとした格好をしていれば特に問題はありません。
また、レストランのみならずホテルのロビー内を水着姿で歩くのもマナー違反とされています。

・バスの優先席は譲る
ハワイの公共交通機関として有名な市バスの”The Bus”は前方が優先席(シルバーシート)と決められています。
優先席をお年寄りの方や妊婦さんに譲るのはハワイでもこのマナーは存在します。
荷物を座席に置いたり、一人分よりも大きめ座るのも失礼にあたるのです。
また、大型スーツケースなど基本的に持ち込みはNGです。乗車の場合に、断られる場合もあるので、気を付けましょう。

・女性の肌の露出は控える
夜の街に出かけるという方に必ず注意していただきたいのが服の露出度です。
夜道を露出ある洋服で歩くと危険です。
夜の街に出歩くことは極力控えるべきですが、万が一出かける際には露出の少ない格好で、さらには持ち物も肌身離さず持ち歩くという心がけが必須です。
またハワイの街はとても紫外線が強いことでも知られています。日焼け止めを塗ることはもちろんですが、
肌を隠して日焼け対策を行うことも必要です。

・スパは水着を着用
ハワイではスパやジャクジー、プールでの水着着用は必須事項です。
特にサウナに裸でタオルを巻いたまま入るという方は日本ではよく見かけますが、
ハワイでその行為はタブー。

・子供から目を離さない
子どもから目を離さないというのは親であれば当たり前ですが、ハワイでは法律に準じて決められてるのです。
ハワイ州法では、12歳以下の子どもから目を離す・置き去りにするという行為は法律により罰せられることが 決められており、たとえホテルだとしても客室に一人残すという行為は禁止となります。
必ず大人が近くにいるようにしてください。
また、アメリカでは親からの体罰は即時児童虐待となり、法律違反になってしまいます。
親御さんは、お子さんを叱る際にくれぐれも注意してくださいね。

・日本と違う交通ルール
ハワイでは交通ルールの規制が日本とは異なるため、知らず知らずのうちに「規則を破ってしまった」という
事態が起きてしまう可能性もあります。
交通ルールで気をつけなければいけないポイントは大きく分けてふたつあります。
・Jウォーク       ・自転車の歩道走行   です。
Jウォークは道路の違法横断のことを指し、信号無視と横断歩道以外の場所での道路の横断主な内容です。
ハワイでこのJウォークを行なってしまうと、$100以上の高額な罰金を課せられる可能性があるのです。

自転車の歩道走行にも同様のことが言えます。ハワイでは交通ルールに関しての統制が非常に厳しく、旅行者であろうとなかろうと関係なく罰金を課せられます。

・ベランダに洗濯物を干してはいけない
洗った服をベランダに掛け、外に干しておく……。
これは、罰則の対象となってしまうのです。
知らない観光客が違反してしまいがちな法律の代名詞です。
ハワイ(特にホノルル)では、洗濯物をベランダに干してはいけないのです。
「景観を損ねるため」という、なんとも観光地らしい理由ですが、見つかってしまうと即座に罰金を支払うなんてことに。

・ウミガメに近づいてはならない
ビーチでウミガメやアザラシを見かけることは珍しくありません。写真を取るために思わず近づいてしまったり、
気になる甲羅のさわり心地を確かめてみたり……。
これも罰則対象です。
ウミガメなどいくつかの野生動物は特別保護動物に指定されているため、触ることが禁止されています。


それどころか約2メートル以内に近づくこともできません。餌を与えることも当然違反です。
この法律を違反してしまうと、500ドルを越える高額な罰則金を支払わなければなりません。
街中に遭遇する鳥などに餌をあげることも同様に取り締まられてしまいます。

このように、ハワイにはルールを超えた特徴的な法律がいくつもあります。
楽しく過ごしたい旅行で罰則金は勘弁したいです。
こんなに厳しいものなのですねぇ~~

スポンサーリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする